2005年12月21日

思い通りに他人を動かす交渉・説得の技術

思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術―現役弁護士が書いた


この谷原弁護士さんについては、ブログもチェックしているし、
メルマガも購読している。
忙しいのにマメな弁護士さんなのである。

この本を読んでいると、11年間生保でセールスしていたわたくしは、
どうもセールスがしたくなって困ったのであった。

セールスと弁護士の交渉は別問題であろうが、
技術的に非常に似たところがあるのである。
(文中にも生保のセールス応用編のような部分もある)

やり手のセールスというと立て板に水のように
すばらしい話術でまくし立てる、というイメージもあるだろうが、
これがそうではない。

年季が入ってくると、まず、黙るポイントというところが
わかってくるのである。
そして相手のいうことを十分に聞くことで、
ところどころガス抜きをしていただきながら、
相手に主導権を握られたようにもっていき、
こちらの提案どおりのプランにまとめるのである。

多少の変更はやぶさかではないが、
譲れない線は設定しておいた方がいい。
その線を守れば、後は相手の言うとおりの変更に
何なりと応じていけばいいのだ、
という交渉の技術が書かれているのですね。

これから誰かと交渉する予定のある方、
連戦練磨のセールスに付けねらわれている方、
是非、ご一読を。


naiyousyoumeiya031 at 16:02│Comments(2)TrackBack(0) 最近読んだ本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 谷原誠   2005年12月25日 21:47
ちょっと遅くなりましたが、本の紹介をありがとうございます!!!

ご紹介いただいてからザクザク売れています。
(たぶん)

しかし、私の本の紹介の次がヤクザの交渉術の紹介とはっ!?

先生とは交渉しないようにしておきます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
2. Posted by 内容証明屋   2005年12月26日 10:05
著者ご本人からのコメント、恐れ入ります。次回作も楽しみにしております。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔